健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2015.07.23     ランニングのススメ

ランニング用サングラスの効果とその選び方

ランナーにとってランニング用サングラスをかけて走ることはきっと、ちょっとしたステータスです。走りながらサングラスを通して見える景色も、いつもとは違う特別な景色として目に映るに違いありません。今回はそんなランニング用サングラスが持つ効果と、選び方について解説します。

ランニングにサングラスは必要?

マラソンの実況中継を見ていると多くのランナーがサングラスをかけていることに気がつきます。ではなぜランナーはランニング中にサングラスをかけているのでしょうか? その理由を3つ挙げてみましょう。

紫外線から目を守るため

これはサングラスの最もよく知られた機能でもあります。目から入る紫外線は我々にとっていろいろな悪影響をもたらすやっかいなものです。まず紫外線は眼精疲労を誘発し、白内障の原因となることがあります。また紫外線は「目の日焼け」を引き起こすことでも知られています。強い紫外線を浴びた角膜が炎症を起こすと充血や異物感、過度にまぶしいと感じる症状が現われます。また、目の日焼けは肌の日焼けのトリガーにもなります。これは角膜が紫外線を吸収すると脳にメラニン色素を作るための指令が届けられ、結果として肌が日焼けをしてしまうためです。美白にこだわりたい女性なら、サングラスはできるだけかけたほうがよいでしょう。

ほこり、異物から目を守るため

ランニングは戸外を走るものなので、ほこりが舞っていたり、小さな虫が飛んできたりといったことがよくあります。グラウンドで走る場合には土埃も問題になります。顔にフィットするランニング用サングラスをかけていればこれらから目をガードすることができます。また、直射日光と日陰とが交互に続くようなコースを走っていると、目に急に太陽光線が飛び込んできて一瞬、視界が見えなくなるようなことが起こります。サングラスをかけていればこんなアクシデントを予防することができます。

オシャレをするとやる気が出る

3つ目はファッション性に関することです。プロのランナーでも、オシャレなサングラスをかけることでモチベーションを上げている選手は多いはずです。最近のランナー用サングラスはデザインがスタイリッシュで、アイウェアとして顔に装着すればそれだけでいつもよりもずっと速く、長く走れるような気がしてくるものです。オシャレをするともっと走りたくなる……サングラスのこんな効果も見逃せません。

サングラスはどうやって選ぶ?

ランニング用サングラスは走るときにかけるものなので、まず顔にしっかりとフィットするものを選ぶ必要があります。購入する際には実際にかけてみて走っているときにズレたりしないか、しっくりと違和感なくかけていられるかなどを確かめてください。具体的には、鼻の付け根と鼻パッド部分がぴったりと顔にハマっているかどうか、頬骨とサングラスの隙間に適度な隙間があるかどうか、側頭部にフレームがきつすぎずゆるすぎずほどよくフィットしているかどうかをそれぞれチェックします。

また、サングラスをかけた状態で軽く頭を振ってみて、落ちたり、ズレたりしないかを確かめることも大事です。笑顔を作ったり、顔の表情を思い切り変えてみてサングラスが動いたり、頬骨に当たったりしないかも試してみてください。

もちろん、自分の顔に似合っているかどうかも大きな問題です。レンズの中心部分と瞳がズレているサングラスは自分の顔に合っていないといえるでしょう。色、デザイン、レンズの大きさ、フレームの雰囲気などを十分吟味してから買うかどうかを決めましょう。

これらを参考に、ぜひ自分に合ったサングラスを選んでください。ランニング時にかけてみれば、きっといつもより足の運びが軽やかになっているはずです。最強のランナーになったつもりで地面を蹴って走り出しましょう。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP