健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2016.03.30     ランニングのススメ

ランニングダイエットに成功するためのコツとは?

ランニングダイエットに成功するためのコツとは?

ダイエットの定番として人気のランニングですが、ただ走っているだけでは効果的に痩せることはできません。それどころか、誤ったランニング方法を続けていると、膝や腰に負担がかかって傷めてしまうこともあるのです。
そこで今回は、効果的なランニングダイエットのコツを詳しく解説していきます!

ランニングダイエットの魅力

ダイエットをする場合には、「健康的に」痩せられることが何よりも最優先されるべきポイントです。食事の量を極端に減らしたり、偏ったものだけを食べ続けたりといった方法は、いずれ摂食障害や貧血など、なんらかの健康被害をもたらしてしまう可能性があります。そこでおすすめなのが、「ランニングダイエット」です。

ランニングによって適度な筋力がつくことで、心肺機能が上がり基礎代謝がアップするだけでなく、有酸素効果が高い運動のため、効率良く脂肪を燃焼することができます。習慣的に体を動かすことで運動不足の予防にもなるので、忙しく働く現代人にとっては魅力的なダイエット方法だと言えるでしょう。

ランニングダイエットを成功させるための秘訣とは?

ランニングダイエットを行う際には、ただがむしゃらに走れば良いというわけではありません。ダイエット効果を上げるためには次のポイントを意識して取り組むようにしましょう。

継続的にランニングを行う

どんなダイエットでも三日坊主では効果を得ることはできません。脂肪が燃焼し始めるのは走り出してからおよそ20分後だと言われていますから、最低でも20分以上、毎日継続して走ることが大切です。

ペースを維持する

マラソンに出場することを目的としたレーニングではないのですから、早く走れるようになる必要は全くありません。むしろ、ダイエットに大切なのは息の上がらないペースで、できるだけ長い時間走るということ。おしゃべりができるくらいのゆっくりとした早さで、スピードを一定に保ちながら走り続けてみましょう。そうすることで、有酸素運動などで使われる「遅筋」が鍛えられ、脂肪燃焼効率がアップするというわけです。

ランニング前に筋トレも行う

準備運動を行わないままランニングを始めてしまうと、ケガをしてしまう心配があるだけでなく、筋肉が働き始めるまでに時間がかかってしまいます。走り始める前には、まずしっかりと筋トレとストレッチを行うようにしましょう。ランニング前に筋トレを行うと、成長ホルモンの分泌が促進され筋肉の働きを活発化させ、さらには、ストレッチをして背筋や腹筋、太ももの裏側、ふくらはぎなどを充分にほぐしてから走り始めることで、脂肪燃焼効率がアップしていくとも言われています。また、準備運動を充分に行うことで、ケガの予防や筋肉痛予防にもつながっていくので忘れずに行うようにしましょう。

必要な栄養素はしっかり摂る

ランニングをするには、健康な身体作りを意識することも大切。糖質や脂質、鉄分、カルシウムなどをバランスよくしっかり接種するようにしましょう。また、エネルギーを消費するためには水分も必要ですので、水分補給もお忘れなく。

ランニングをするときには、景色や音楽を楽しみながら走ることで、心をリラックスさせてくれる効果も期待できます。ぜひ、ランニングで健康的なダイエットを実現させてみませんか?

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP