健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2015.07.23     ランニングのススメ

ランニングの頼もしい味方! おすすめアプリを大公開!!

ランニングはストイックなスポーツ……というのはもはや時代錯誤な認識かもしれません。なぜならランニング用のアプリを使えば、モチベーションを上げながら楽しく走ることができるからです。今回はランニングで使ってほしいおすすめのアプリについて解説します(すべてiOS、Androidの両OSに対応しています)。

ランニングする際におすすめのアプリ6本

それではランニングアプリと呼ばれるジャンルのものを中心に、ランニングをする際におすすめのアプリを6本ご紹介しましょう。

Runtastic GPS

GPSとセンサーを使ってランニングデータを表示し、記録するアプリです。ランニングをするときに起動してランニングポーチなどに収納して走れば、走行距離、時間、ペース、消費カロリーなどを記録してくれます。走った軌跡はマップ上に表示されます。ただ、表示されるだけでなく、移動の軌跡がスピードの違いによって色分けされたラインで示されるのが特徴です。非常に高機能ですが、ランニング用に使うだけならシンプルな操作で使えます。

RunKeeper

こちらもGPSとセンサーを使ってランニングデータを表示し、記録するアプリです。最初は英語表記になっていますが、日本語に設定を変更できます。面白いのはトレーニングを開始する前に、「体重を減らす(ダイエットをする)」「レースを完走(マラソン大会に出場したときに、完走できるようになる)」など、目的に合わせて週に何回、何キロ走るといった目標を決められることです。目標はアプリがおすすめのものを提示してくれるので、トレーナーに指導されているような気分を味わえます。走り終えたらSNSに結果を投稿することもできます。

Nike+ Running

ナイキが提供するランニングアプリです。表示画面がスタイリッシュなデザインなのが魅力です。また、マップの表示、スクリーンのロック、アプリの一時停止や終了がひとつの画面で行えます。また、ランニング中にリアルタイムでFacebookから声援がもらえたり、目標となる走行距離や期間を設定して友だちと競い合ったりすることができます。また、走行距離の測定が比較的正確といわれ、トレッドミル(屋内用のランニングマシン)でのランニングにも対応しています。走行中に走行距離やペースなどを音声で伝えてくれるのも魅力です。

キョリ測

キョリ測はランニングアプリではありませんが、地図上でルートを指定すると距離と消費カロリー、標高の変化を表示してくれます。ルートの指定は画面中央の「+」マークを使う方法と、指でマップ上をなぞる方法があります。消費カロリーはおにぎり1個分、ラーメン0.3杯分などと食べ物で換算表示されます。地図を見ながらランニングコースを決めるときに役立つでしょう。もちろん、過去に歩いたり、走ったりしたルートの距離と消費カロリーを確認することもできます。

Endomondo Sports Tracker

ランニングをはじめとしたトレーニングの記録が行えるアプリです。最初にアカウント登録が必要で、登録をするとWebページ上に自分のページが設けられ、そこでトレーニングの記録を見ることができます。ランニング中は走行時間、距離、マップによるルートが表示できます。トレーニングプランも用意されていて、操作も簡単で使いやすいアプリといえるでしょう。

Zombies, Run!

これはランニングアプリですが、ゲームアプリでもあります。走っているあいだイヤホンを耳にさせば、ゾンビが大量に現われて追いかけてくるというサウンドドラマを味わえます。ゾンビで埋め尽くされている未来世界でゾンビの追跡から逃れるために走るという設定のサウンドドラマです。走っていると「野球バット」「救急箱」など、アプリ上で勝手にさまざまなアイテムを拾います。集めたアイテムを使い住居や病院を建設するというゲームモードも用意されています。全編英語なのが残念ですが、非常にユニークなアプリです。

上記でご紹介したアプリはどれも非常に質が高く、ランニングをするならスマホアプリを使わない手はないと思わせてくれるものばかりです。ぜひ自分好みの1本を見つけて、ランニングを楽しんでください。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP