健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

季節の薬膳スイーツ「ミドリのおはぎ」

“季節の薬膳スイーツ「ミドリのおはぎ」

お彼岸にお供えする「おはぎ」。
小豆の赤い色は魔除けの効果があるとされ、邪気を払う食べ物としてご先祖様への供養に使われてきました。
秋のお彼岸には萩の花にちなんで「おはぎ」、春のお彼岸には牡丹の花にちなんで「ぼたもち」と呼び、どちらも同じものになります。

小豆の薬膳パワー♪

小豆は、昔から漢方薬として使われてきたほど薬効のある優秀な食材。
日本でも江戸時代から“かっけ”の薬として使われてきました。
主成分はでんぷんと良質のたんぱく質ですが、ビタミンB1、B2、カリウム、食物繊維を豊富に含んでいます。
さらに小豆の皮に含まれるサポニンや、小豆の色素であるアントシアニンは強い抗酸化作用を発揮するすぐれもの♪
特に、むくみ・疲れ・便秘に効果を発揮し、利尿作用や疲労解消、解毒作用に優れているのが特徴です。

もち米と小豆はベストマッチ

小豆に豊富に含まれるビタミンB1やB2は、体内で糖質や脂肪を分解してカロリーに変えるのに不可欠な栄養素です。
これらが不足すると身体がだるくなったり、イライラして落ち着きがなくなったり、無気力、疲労にもつながります。
ビタミンB群が不足しがちなもち米や白米ですが、おはぎやお赤飯などにして小豆と組み合わせることで相性ばっちり、代謝を上げて元気をうみ出してくれるんですね♪

調理ポイント

小豆は2回程茹でこぼし、しっかり渋切りをします。
粒あんの仕上げは、少し柔らかめの状態で火を止めると、冷めると水分が飛ぶのでちょうど良い固さになります。

材料 4人分(8個)

もち米1合、白米1/2合、水350cc
(粒あん)小豆200g、砂糖180g、塩ひとつまみ
緑汁3本、きな粉大さじ2、砂糖大さじ2、塩ひとつまみ

栄養価 おはぎ1個あたり

エネルギー291kcal、たんぱく質7.6g、脂質1.2g、炭水化物62.2g、食物繊維4.9g、塩分0.3g

作り方

もち米と白米は、一緒に洗米します。ざるに開けて水を切り、水を加えて1時間程浸水させてから普通に炊飯します。

もち米と白米は、一緒に洗米します。
ざるに開けて水を切り、水を加えて1時間程浸水させてから普通に炊飯します。

小豆は洗って、鍋にひたひたの水と一緒にいれて火にかけます。沸騰して2、3分したら、ざるに開け、再び鍋に入れてもう一度茹でこぼします。

小豆は洗って、鍋にひたひたの水と一緒にいれて火にかけます。
沸騰して2、3分したら、ざるに開け、再び鍋に入れてもう一度茹でこぼします。

圧力鍋に小豆と水500cc程を入れて、強火で加熱します。圧がかかったら、弱火にして5~7分加圧します。自然冷却して、小豆が指で潰れる位の固さになったこと確認したら、ザルに開けて水を切ります。

圧力鍋に小豆と水500cc程を入れて、強火で加熱します。
圧がかかったら、弱火にして5~7分加圧します。
自然冷却して、小豆が指で潰れる位の固さになったこと確認したら、ザルに開けて水を切ります。

小豆を再び鍋に戻して、砂糖を加えて中火にかけます。焦げ付かないように混ぜながら加熱し、水気がなくなり少し緩めの固さになったら、塩を加え混ぜて火を止めます。バットなどに移して冷まします。

小豆を再び鍋に戻して、砂糖を加えて中火にかけます。
焦げ付かないように混ぜながら加熱し、水気がなくなり少し緩めの固さになったら、塩を加え混ぜて火を止めます。
バットなどに移して冷まします。

炊き上がったもち米は、熱いうちに水を付けたすりこぎ等で潰し、粒が少し残っている状態までつきます。8等分して、手に水を付けて丸めます。粒あんも8等分して、1つ30g程の大きさにして丸めます。

炊き上がったもち米は、熱いうちに水を付けたすりこぎ等で潰し、粒が少し残っている状態までつきます。
8等分して、手に水を付けて丸めます。
粒あんも8等分して、1つ30g程の大きさにして丸めます。

ラップにもち米をのせて、上からもラップで折りたたみ、手で薄く伸ばします。

ラップにもち米をのせて、上からもラップで折りたたみ、手で薄く伸ばします。

上のラップを外して粒あんをのせ、ラップのまま包み込み楕円形になるように整えます。

上のラップを外して粒あんをのせ、ラップのまま包み込み楕円形になるように整えます。

緑汁ときな粉、砂糖、塩を混ぜ合わせます。おはぎに、緑汁きな粉をたっぷり付けて、出来上がり。

緑汁ときな粉、砂糖、塩を混ぜ合わせます。
おはぎに、緑汁きな粉をたっぷり付けて、出来上がり。

監修

asami先生

■ asami先生
料理コンサルタントとして、コンビニスイーツのメニュー開発などに多く関わり、2012年から製菓材料ポータル「cotta」にてバーチャルお菓子教室を展開。料理教室主宰および、お菓子づくりの動画コンテンツ「マイスイーツ」を運営。食育・健康・安全という視点から、手作りお菓子を提案。

松岡 里和 (まつおか りわ) 先生

■ 松岡 里和 (まつおか りわ) 先生
大妻女子大学卒。総合病院や医療現場にて、栄養・給食管理、栄養カウンセリング等、チーム医療の実践に尽力。栄養カウンセリング実績は2万人以上。『栄養する。そして笑顔になる。』をコンセプトに、セミナー講師、書籍執筆、メディア出演、アスリートへの栄養サポート、健康関連ソフトやアプリ開発など多方面で活動中。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP