健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

身体を芯から温める♪あったかポカポカ「みぞれ鍋」

身体を芯から温める♪あったかポカポカ「みぞれ鍋」

大根は「天然の胃腸薬」といわれるほど、でんぷん分解酵素のアミラーゼ、たんぱく質分解酵素のプロテアーゼ、脂肪分解酵素のリパーゼなど、胃腸の負担を軽減してくれる消化酵素がたっぷり。
さらに、すりおろすことによって酵素量が3倍以上にもアップします!
どんな食材と合わせても消化を良くしてしまう(お腹をこわさない=あたらない)のが特徴の大根。ちなみに、何の役をやってもあたらぬ役者を「大根役者」と呼ぶのはここからといわれています♪

大根おろしの辛み成分

大根はおろしたてが一番辛みを感じますね。
おろして細胞が破壊されたときに、辛み成分のイソチオシアネートが作られます。
この成分は、抗酸化作用、がん予防効果、脂肪燃焼アップ、免疫力アップ等々・・・、あらゆる効果を発揮してくれるすごい成分。
昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉がありますが、大根おろしは様々な面から体に良い効果をもたらしてくれます。

生姜とニンニクでぽかぽか

ぽかぽかの元、ジンゲロールたっぷりの生姜と、小さな一粒に沢山の栄養が詰まっているニンニク。
寒さ厳しい季節には、体を芯からしっかり温めて代謝アップを促すことにより風邪予防にも効果テキメンですね!

調理ポイント

出汁は、昆布や鰹節で丁寧にとったものでも良いですし、手軽に出汁パックや、顆粒出汁、液体出汁でも出来ます。
野菜や、肉、魚は、お好みでお使い下さい。
大根に含まれる消化酵素や辛み成分は加熱すると減少してしまうので、大根おろしをのせた後は、サッと温める程度にして火を止めましょう。

材料 2人分

大根1/2本、白菜2枚、えのき1袋、しいたけ1パック、水菜1/2束、白ねぎ1本、豚バラ200g
タラ2切れ、焼き豆腐1丁、出汁1000ml、にんにく2片、生姜1片、酒50ml、塩小さじ2、醤油小さじ1

栄養価 1人分あたり

エネルギー677kcal、たんぱく質41.4g、脂質41.2g、炭水化物31.3g、食物繊維11.4g、塩分6.3g

作り方

大根は皮をむき、おろし器ですりおろします。

大根は皮をむき、おろし器ですりおろします。

白菜は食べやすい大きさに切ります。えのきは石づきを切り落とし、ほぐします。

白菜は食べやすい大きさに切ります。
えのきは石づきを切り落とし、ほぐします。

しいたけは軸を半分に切り、カサは飾り包丁を入れます。水菜は食べやすい長さに切ります。

しいたけは軸を半分に切り、カサは飾り包丁を入れます。
水菜は食べやすい長さに切ります。

白ねぎは斜め切りにします。

白ねぎは斜め切りにします。

豚バラは長ければカットし、タラは半分に切ります。焼き豆腐は食べやすい大きさに切ります。

豚バラは長ければカットし、タラは半分に切ります。
焼き豆腐は食べやすい大きさに切ります。

にんにくは半分に切って芯を取り除き、包丁の背で潰します。生姜はすりおろします。

にんにくは半分に切って芯を取り除き、包丁の背で潰します。
生姜はすりおろします。

鍋に出汁、にんにく、生姜、調味料を入れて沸騰させます。

鍋に出汁、にんにく、生姜、調味料を入れて沸騰させます。

白菜、えのき、しいたけ、白ねぎ、豚バラ、タラ、焼き豆腐を入れて、中火にかけ沸騰させます。アクを取り、食材の火が通るまで煮ます。

白菜、えのき、しいたけ、白ねぎ、豚バラ、タラ、焼き豆腐を入れて、中火にかけ沸騰させます。
アクを取り、食材の火が通るまで煮ます。

大根おろしを汁ごとのせ、水菜をのせてサッと煮て出来上がり。

大根おろしを汁ごとのせ、水菜をのせてサッと煮て出来上がり。

監修

asami先生

■ asami先生
料理コンサルタントとして、コンビニスイーツのメニュー開発などに多く関わり、2012年から製菓材料ポータル「cotta」にてバーチャルお菓子教室を展開。料理教室主宰および、お菓子づくりの動画コンテンツ「マイスイーツ」を運営。食育・健康・安全という視点から、手作りお菓子を提案。

松岡 里和 (まつおか りわ) 先生

■ 松岡 里和 (まつおか りわ) 先生
大妻女子大学卒。総合病院や医療現場にて、栄養・給食管理、栄養カウンセリング等、チーム医療の実践に尽力。栄養カウンセリング実績は2万人以上。『栄養する。そして笑顔になる。』をコンセプトに、セミナー講師、書籍執筆、メディア出演、アスリートへの栄養サポート、健康関連ソフトやアプリ開発など多方面で活動中。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP