健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

ヘルシーおかずケーキ♪米粉と豆乳の「和風ケーク・サレ」

cake_sale

サレはフランス語で「塩味」を意味し、ケーク・サレはフランスの家庭料理で、野菜やチーズ等を入れた塩味のケーキのことをいいます。
具材を様々なものでアレンジでき、朝食からワインのお供まで幅広く楽しめる、まさにフランスのおふくろの味!
今回は日本のおふくろの味、きんぴら具材で最高にヘルシーなおかずケーキに仕上げました♪

ケーキも米粉でヘルシーに

小麦粉を使わずに米粉を使いました。
米粉はお米を挽いて粉にしたもので、小麦粉に比べてもっちり、しっとり食感が味わえるのが特徴です。
お米が原料なので腹持ちが良く満足感があり、バターや洋風の食材と合わせるより、植物油や和風の食材とよく合います。
米粉は小麦粉に比べて油の吸収率が低く、少ない油でもしっとり美味しいケーキができるので、ダイエットにもアレルギーが気になる方にもおすすめのレシピです。

豆乳との相性抜群♪

そのままでは飲みにくい豆乳も、お菓子や料理に使うとたくさん摂ることができます。
また「米+大豆製品」の組み合わせは、お互いに不足しがちな必須アミノ酸を上手に補うのでアミノ酸バランス満点、たんぱく質の質がグンとアップします。
ここにビタミン、ミネラル、食物繊維たっぷりの具材を加えることで栄養バランスもばっちり、相性抜群の組み合わせです。

調理ポイント

具材は、きんぴらごぼうや、ひじきの煮物等、作りおきの具材でも美味しく出来ます。
火が通りにくいので、表面が焦げ付くようならホイルを被せて、中までよく焼き上げます。

材料(パウンド型1本分)

卵2個、豆乳100cc、菜種油大さじ2、塩小さじ1/2、米粉100g、ベーキングパウダー小さじ1、青ねぎ5本、具材200g
(具材)
れんこん50g、ごぼう50g、人参50g、煮大豆50g、乾燥ひじき5g、ゴマ油大さじ1、みりん大さじ1、砂糖大さじ1、醤油大さじ1

栄養価 (1切れ【6等分】あたり)

エネルギー200kcal、たんぱく質5.6g、脂質9.5g、炭水化物21.9g、食物繊維2.0g、塩分1.1g

作り方

cake_sale-01

具材のきんぴらを作ります。
ひじきは、水戻しします。
れんこんはイチョウ切り、ごぼうは千切りにして、水にさらします。
人参は千切りにします。

cake_sale-02

フライパンを中火にかけ、ゴマ油を入れて、人参を入れて炒めます。
水を切ったれんこんとごぼうを加え、更に炒めます。

cake_sale-03

ひじき、煮大豆を加え、水気がなくなるまで炒めたら、みりん、砂糖、醤油を入れて調味します。
野菜に火が通り、水気がなくなるまで炒めます。

cake_sale-04

パウンド型にクッキングシートを敷いておき、オーブンは180℃に温めておきます。

cake_sale-05

ボウルに卵を入れて、泡立て器でほぐします。
豆乳を加えて混ぜ合わせ、菜種油・塩を加えてさらに混ぜ合わせます。

cake_sale-06

米粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、粉気がなくなるまで混ぜ合わせます。

cake_sale-07

具材、青ねぎを入れてゴムベラで混ぜ合わせます。

cake_sale-08

パウンド型に流し入れ、180℃のオーブンで40~45分程焼きます。

cake_sale-09

焼き上がったら型から出して、ケーキクーラーで冷まします。
お好みの大きさにカットして、出来上がりです。

監修

cake_sale-10

■ asami先生
料理コンサルタントとして、コンビニスイーツのメニュー開発などに多く関わり、2012年から製菓材料ポータル「cotta」にてバーチャルお菓子教室を展開。料理教室主宰および、お菓子づくりの動画コンテンツ「マイスイーツ」を運営。食育・健康・安全という視点から、手作りお菓子を提案。

cake_sale-11

■ 松岡 里和 (まつおか りわ) 先生
大妻女子大学卒。総合病院や医療現場にて、栄養・給食管理、栄養カウンセリング等、チーム医療の実践に尽力。栄養カウンセリング実績は2万人以上。『栄養する。そして笑顔になる。』をコンセプトに、セミナー講師、書籍執筆、メディア出演、アスリートへの栄養サポート、健康関連ソフトやアプリ開発など多方面で活動中。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP