健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2016.03.07     疲れをとるために

自分でできるストレスチェックテスト!!

自分でできるストレスチェックテスト!!

現代社会はストレス社会と言われるほど、仕事や人間関係のストレスがいっぱいです。そしてストレスの増大は、人間の体にさまざまな不調を引き起こしてしまいます。
知らず知らずのうちにストレスがたまって、症状が悪化しないよう、自身でストレスチェックテストをしてみましょう。

どれくらいストレスを受けているか、自分では気づきにくい

過度なストレスを受けると、頻繁に不安感におそわれる、だるさが抜けない、生活リズムが乱れるなどの症状が出る可能性があります。目が疲れる、肩がこる、腰が痛いなどの身体に影響が出てくることもありますが、よくあること、誰にでも起こることなので、自分自身で自覚することが難しいと言われています。

最近忙しい日々が続いている、何か大きなライフイベントがあった、以前のように趣味を楽しめなくなった、食が細くなったなど身の周りに変化があった人は、もしかするとストレスを感じているかもしれません。特にものごとをマイナスにとらえやすい傾向のある人は注意が必要です。放っておくと、心や体の病気になる可能性があります。

ストレスチェックテストを試してみましょう

自分では自覚がなくても、知らず知らずのうちにストレスがたまっているかもしれません。以下のようなストレスチェックを行って、早期発見できるようにしましょう。

5分でできる職場のストレスセルフチェック

厚生労働省による、ストレスレベルの測定コンテンツです。4つのステップに分かれた全57問に回答します。4択でクリックしていくだけなので、5分程度で完了できます。全て回答すると、現在の状況、「ストレスの原因因子」「ストレスによる心身反応」「ストレス反応への影響因子」といった種類ごとのレーダーチャート、コメントなどが得られます。結果はPDFで保存することも可能です。
5分でできる職場のストレスセルフチェック

日本ストレスチェック協会のストレスチェックテスト

WEB上で公開されている、自分でできる簡単なセルフチェックです。回答が必要なのは9質問だけであり、ストレスチェックの簡易版とも呼べるようなものです。
日本ストレスチェック協会 ストレスチェックテスト

ストレスがたまると起こりうる病

ストレスは自分では気づきにくいもの。たまったストレスが原因で症状が悪化していることもあります。はじめのうちは疲れやすい、朝起きるのがつらい、肩がこる、腰痛などの症状があります。実はこの時点で黄色信号の状態。仕事のやる気が起きない、食欲がない、イライラする、不安になることがある、といった症状があればストレス状態は赤信号の状態です。放っておくと、うつ病や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの重大な疾患になってしまう可能性があります。

なんとなくだるい、疲れている……、ストレスをためてそのままにしておくと、後で重大な病気になってしまう危険があります。上記の内容を参考にストレスの早期発見をして、早めに対処できるようにしましょう。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP