健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2016.03.07     疲れをとるために

ストレスや疲労が原因で肌荒れを起こしてしまう理由と対処法

rough-skinストレスや疲労が原因で肌荒れを起こしてしまう理由と対処法

仕事で忙しく、ストレスや疲労が溜まっているとき、ふと鏡を見ると肌がボロボロになっていた……という経験はないでしょうか。肌荒れをすると老けて見えやすくなりますし、女性であればファンデーションのノリも悪くなりがちなので大問題です。では、どうしてストレスや疲労で肌荒れが起きるのでしょうか? また、有効な対策法はあるのでしょうか? ここでは、ストレスや疲労が原因の肌荒れについてご紹介します。

なぜストレスや疲労で肌荒れが起きるの?

仕事による肉体的な疲労や、人間関係などからくる精神的なストレスは、自律神経の乱れや血行が悪くなることに繋がります。その結果、肌の乾燥、吹き出物などが起きてしまう可能性も高くなるでしょう。

長時間メイクをしたままでいることも、肌荒れの原因になると言われています。残業で帰りが遅くなったり、疲れていたからといってメイクを落とさずに寝てしまったりすると、肌に残ったファンデーションが毛穴に詰まって肌が炎症を起こしたり、肌が乾燥してしまい、肌荒れを起こすことがあります。

また、ストレスや疲労、不規則な食生活によって、胃腸の働きが悪くなっていると、代謝が悪くなり体内に老廃物が溜まったり、肌荒れが起こりやすくなったりします。さらに、睡眠時間が十分に確保できないと、肌の再生が上手くできずに肌荒れを引き起こす可能性があります。

お風呂でできるストレス、疲労、肌荒れ対策

仕事で疲れて帰ってくると、面倒だからと言ってついついシャワーで済ませがちですが、ストレスや疲労を解消するためには、しっかりと湯船に浸かるのがおすすめです。体を温めることで、血行が促進され、疲労をやわらげる効果が期待できます。入浴後にマッサージをすると、なお良いでしょう。代謝も促進されるため、肌荒れにも効果的です。ただし、熱いお湯に長時間浸かると体に負担がかかり、疲労が強くなってしまう可能性があるので、ぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。

睡眠がもたらすストレス、疲労、肌荒れへの効果

良質な睡眠をとることは、美肌を作るのに役立つとされています。睡眠中には疲労を回復したり、傷付いた肌を修復し再生を促したりする「成長ホルモン」が分泌されるためです。

しっかりと熟睡するためには、なるべく早い時間にベッドに入り、睡眠時間を確保することが大切です。さらに、アロマをたいたり、ゆったりとした音楽を聴いたり、ストレッチをしたりして寝る前にリラックスすると、より質の良い眠りを得やすくなるでしょう。

女性にとって、ストレスや疲労はお肌の大敵。疲れているときでも、スキンケアの時間をしっかりと確保し、メイクを落として寝るようにしましょう。肌荒れを放っておくと、もとの肌に戻すためには長い時間が必要になることがあります。ストレスと上手に付き合い、疲労を次の日に持ち越さないように、自分の肌と体をいたわってあげましょう。ストレスや疲労からくる肌荒れを防ぐために、上記を参考にしてみてください。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP