健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2016.03.07     疲れをとるために

デスクワークの疲れを吹き飛ばすリフレッシュ方法

デスクワークの疲れを吹き飛ばすリフレッシュ方法

長時間デスクワークをしていると、肩がこったり、首がだるくなったりすることは多いですよね。パソコンに向かう仕事であれば、目も疲れてしまいます。ずっと室内にいることで、なんだか気分が落ち込んでしまうこともあるのではないでしょうか。
デスクワークの能率を上げるためにも、気分転換をすることは大切です。ここでは、デスクワークの疲れを吹き飛ばすリフレッシュ方法についてご紹介します。

ストレッチをしてリフレッシュする

デスクワークの疲れをリフレッシュするためには、ストレッチが有効です。今回は、疲れが溜まりがちな肩、首、目のストレッチ方法をご紹介します。

肩こりに効果的なストレッチ

肩のこりを感じたときには、肩こりを軽くするストレッチをしましょう。座ったままでもできるストレッチなので、作業の合間に手軽にできておすすめです。

①体の前で手の平が外に向くようにして手を組みます。
②そのまま腕を上げ、頭の上まで持っていき腕と肩を伸ばします。
③伸ばしきったら10秒キープし、両手を離して体の横に下ろします。

首のだるさに効果的なストレッチ

首がだるくなってきたら、首回しのストレッチをしましょう。首の前の筋が伸びて気持ちが良いですし、首のシワ予防にも効果が期待できます。

①息を吐きながらゆっくりと首を前に倒して5秒キープします。
②息を吸いながら元の位置に戻します。
③同じように、首を後ろや左右に倒します。
④最後にゆっくりと首を回しましょう。

目の疲れに効果的なストレッチ

長時間パソコン作業をしているとまばたきの回数が減り、目が乾く、目の奥が重くなる、といった症状が出てきます。パソコン作業をするときは、1時間ごとに10~15分の休憩をとり、目を休ませてあげましょう。休憩をする際は、以下のストレッチをするのがおすすめです。

①ゆっくりと10回まばたきをします。
②顔は正面を向いたまま、目を時計回りにグルっと回します。
③同様に、今度は反時計回りに目を回しましょう。
④最後に目をギュッと閉じて、パッと開きます。

散歩をしてリフレッシュする

デスクワークで座ったままだと足の血行が悪くなって、午後には足がむくんだり、だるくなったりします。また、室内に長い時間いることで、気持ちも疲れてしまうことがあります。
そこで、休憩時間に散歩をしてみたり、昼休みは意識的にオフィスの外にでてみたりしてはいかがでしょうか。場所を変えるだけで気分転換になりますし、歩くことで血流が良くなるので、足のむくみ防止にも繋がります。

深呼吸してリフレッシュする

室内でもできる最も手軽なリフレッシュ方法が、深呼吸です。ストレスが溜まると呼吸が浅くなりがちです。そうすると酸素が不足して集中力が低下してしまうので、仕事に疲れてきたと感じたら、まずは深呼吸をして呼吸を落ち着かせるようにしましょう。

深呼吸をするときのポイントは、最初に息を吐くことから始めるということです。呼吸が浅い状態で先に息を吸おうとすると、息苦しくなってしまうためです。ゆっくりと息を吐ききることで、十分に息を吸いやすくなるでしょう。

長時間デスクワークを続けるなら、上手にリフレッシュすることは大切です。今回ご紹介した方法を試してみながら、自分に合ったリフレッシュ方法を見つけてみましょう。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP