健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2015.10.20     疲れをとるために

つらい足のむくみを解消する食べ物とは

edema-meal

足のむくみは足の血流が悪くなり、皮膚の下に余分な水分がたまった状態です。立ち仕事やデスクワークをしている人、ダイエット中の人、運動不足の人がおちいりやすいといわれています。ふくらはぎを5秒ほど強く押して痕がなかなか消えなければ、それがむくみのサインです。足のむくみは運動やマッサージなどで予防、改善できますが、身体の内側からのケアも大切です。ここでは、足のむくみを予防し、改善する効果のある食べ物をご紹介します。

カリウムがとれる食べ物

塩分の多い食事をとっていると、身体の中の水分と塩分のバランスが崩れ、身体は必要以上に水分をため込もうとし、むくんでしまいます。そこでカリウムです。カリウムには利尿作用があり、塩分の排出を促し、身体の中の水分と塩分のバランスを調節するはたらきがあるからです。カリウムは昆布やわかめなどの海藻類、大豆や落花生などの豆類、ホウレンソウ、さつまいもなどに多く含まれています。

クエン酸がとれる食べ物

むくみは足に余分な水分がたまっている状態です。クエン酸は水分の循環を改善し、足にたまった水分の排出を促してくれます。クエン酸はグレープフルーツやレモン、お酢などに含まれています。

ビタミンEがとれる食べ物

代謝が悪いと水分がたまってしまいます。ビタミンEは血行を良くしてくれますので、代謝を改善し、むくみを予防する効果、改善する効果があります。ビタミンEはカボチャやアボカド、ゴマやアーモンドなどに多く含まれています。

ポリフェノールがとれる食べ物

血液がドロドロだと、血行が悪くなり、足のむくみにつながります。血液をサラサラにしてくれる食べ物をとることで、足のむくみの改善につながります。ポリフェノールは血液の循環を良くする成分で、ブルーベリーや大豆、生姜、緑茶などに含まれています。

ビタミンB1がとれる食べ物

ビタミンB1は糖質の分解を助けてくれる成分で、血行を良くする効果があります。豆腐やホウレンソウ、ゴボウなどに含まれます。

ビタミンB6がとれる食べ物

ビタミンB6はタンパク質の分解を促進する成分で、こちらも血行を良くしてくれます。また、ビタミンB6にはホルモンバランスを整える作用があります。足のむくみは女性に多く、とくに月経前は血流が悪くなりむくみやすくなってしまいます。ビタミンB6には、こういった女性特有の血行不良を改善する効果もあるといわれています。ビタミンB6は、大豆やにんにく、マグロ、鮭、豚肉に多く含まれています。

余分な水分がたまることで起こる足のむくみ。塩分の多い食事をとっていると、身体の中に余分な水分がたまって足がむくんでしまいます。しかし、味の濃い加工食品はできるだけ避けるようにし、上で紹介した食べ物を取り入れつつバランスの良い食生活を送ることでむくみの予防、解消につながります。合わせてマッサージや適度な運動を取り入れるようにすると、より効果が期待できるでしょう。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP