健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2015.09.07     美しい肌のために

美肌を作るためには良質な睡眠をとろう

skin-sleep

睡眠不足などの不規則な生活が続いて肌荒れに……。なんてことを多くの女性が経験しているのではないでしょうか。睡眠不足はお肌の大敵。美肌になるためには睡眠が大切です。ではなぜ良質な睡眠が必要なのでしょうか。また、どのように睡眠をとれば良いのでしょうか。今回はその理由と方法をご紹介します。

なぜ睡眠と美肌は関係しているのでしょうか

肌のターンオーバーがうまくいかないと美肌にはなれません。肌のターンオーバーとは、古い角質がはがれ、新しい肌に生まれかわることです。この肌の生まれ変わりのためには、肌の新陳代謝を促す成長ホルモンがきちんと分泌されている必要があります。

成長ホルモンは子供の成長に欠かせないホルモンですが、大人にとっても身体の健康を維持するうえで重要なホルモンです。この成長ホルモンは夜寝ている間に分泌されるので、その時間帯に良質な睡眠をとることが大切です。

睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌量が減るので、ターンオーバーがうまくいかなくなり、古い角質が肌に残りやすくなってしまいます。そのため、シミやしわ、吹き出物や肌の乾燥などのさまざまな肌トラブルが現れやすくなります。

お肌のゴールデンタイムとは?

肌には美しくなるためのゴールデンタイムがあるということを耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

肌のゴールデンタイムとは、成長ホルモンが多く分泌される時間帯のことを指します。以前は、成長ホルモンが分泌されやすい時間帯は、夜の22時から深夜2時といわれていました。しかし、最近の研究では、入眠後3~4時間後に成長ホルモンの分泌が盛んになるといわれています。

美肌だけでなく、健康のためにも睡眠と成長ホルモンの分泌は大切ですので、できるだけ十分な睡眠をとるようにこころがけましょう。

良質な睡眠をとるために就寝前にやったほうが良いこと、避けるべき

人間は体温が下がりつつある状態になると眠気を感じやすくなります。ぬるめのお湯で半身浴などをして、身体をしっかり温めたうえで寝るようにすると、徐々に体温が下がることでスムーズに眠りにつくことができるでしょう。ただ、入浴後すぐは体温が高く、興奮状態にあるので、しばらくたってから布団に入るのがおすすめです。なので、入浴は寝る2時間くらい前にすませるのがちょうど良いでしょう。そうすれば布団に入るころには体温が下がっていき、すぐに寝ることができるでしょう。

また、寝る前に脳に刺激を与えると興奮して、寝つきが悪くなるといわれているので、テレビやパソコン、スマホなどは寝る前には見ないようにするのも大切です。本を読んだり、音楽を聴いたりしてゆったりとした時間を過ごすといいでしょう。

また、良質な睡眠をとるための環境づくりも大切です。部屋を寝る1時間くらい前から暗くし、アロマをたくなどして身体をリラックスできるような環境にしておくと良いでしょう。

美肌は良質な睡眠によってつくられます。しっかりとリラックスモードをつくってスムーズに入眠し、ぐっすりと眠ってください。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP