健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2015.09.07     美しい肌のために

花粉から肌を守る方法

pollen

春先になると、目がかゆくなったり、くしゃみが止まらなくなったりといった、花粉症の症状に悩まされる方は多いと思います。しかし、それ以外にも春先になると、肌が乾燥してかゆくなるという方もいらっしゃるのではないでしょうか? そのような場合、もしかしたら花粉が原因で乾燥肌になってしまう「花粉皮膚炎」の症状かもしれません。ここでは、花粉皮膚炎の特徴や、花粉から肌を守る方法についてご説明しましょう。

花粉症皮膚炎とは?

花粉症皮膚炎は、花粉症と同じようなメカニズムで、花粉が肌に付くことによって、それを身体が外に出そうとするために、アレルギー反応が起こる症状です。カサカサと乾燥したりかゆくなったりするのは、このアレルギー反応によるものだと言われています。

また、花粉症皮膚炎とは別に、花粉症の症状で目がかゆくてこすったり、頻繁に鼻をかんだりすると、摩擦により肌のバリア機能が低下して、肌が乾燥してしまうこともあります。

花粉をなるべく付けない対策法

花粉皮膚炎の対策をするには、花粉が肌に付かないようにすることが大切です。
まず、顔は花粉メガネやマスクで保護するようにしましょう。身体は、花粉がつきにくいポリエステルやビニールなどのツルツルとした素材の服を着ることで、対策するのがおすすめです。

また、花粉皮膚炎のケアは、保湿が基本です。肌のバリア機能が低下している状態なので、丁寧に保湿ケアをするようにしましょう。このとき気を付けたいのが、乳液やクリームなど、油分を含む化粧品の選び方です。油分が多いアイテムを使うと、花粉が肌に張り付きやすくなってしまうので、油分が多いものは避けたほうがベター。また、肌が敏感になっているので、できるだけ刺激の少ないものを使うようにしましょう。

帰宅後はすぐに花粉を落とそう

肌に花粉が付いたまま家に入ってしまうと、家の中まで花粉を持ち込んでしまうことになるため、帰宅したら玄関の外で花粉を落とすようにしましょう。また、顔や身体だけではなく、髪にも花粉は付いているので、帰宅後はなるべく早めにお風呂に入って、花粉を洗い流すことをおすすめします。

お風呂で顔や体を洗う際は、肌が敏感になっている状態なので、刺激を与えないようにやさしく洗うのが基本です。メイクを落とすときは、肌にやさしいミルクタイプのクレンジングを使うことをおすすめします。洗顔料も低刺激なものを選び、しっかりと泡立てた泡でこすりすぎないように洗い、よくすすぐことを心掛けましょう。

規則正しい生活を送る

花粉症の主な原因は、免疫力の低下だと言われています。そのため、体質を改善し、免疫力を上げることで、症状が和らぐことが期待できるでしょう。

身体の内側から症状を改善するためには、食生活の偏りを正し、しっかり睡眠をとるなど、規則正しい生活を送ることが大切です。塩分や油分を多く摂ってしまいがちなファーストフードやスナック菓子、糖分の多い飲み物などはできるだけ控えるようにして、野菜中心の食生活に変えるように意識すると良いでしょう。

花粉の季節になると乾燥が気になると思っていた場合、その原因は花粉かもしれません。花粉が付かないように意識したり、保湿ケアを念入りにしたりするほか、身体の中からのケアもしっかりと行うことで、花粉のダメージから肌を守るようにしましょう。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP