健康と美容のコラム

euglena farm|ユーグレナ・ファーム

2016.09.06     美しい肌のために

角質ケアに欠かせないピーリングの最適な頻度は?

peeling

古い角質を見て見ぬふりして、そのままにしていませんか? 朝起きて鏡に映った自分の顔が、何となくくすんでいたり、透明感がなかったりしたら、そろそろメンテナンスが必要なサインかも。透き通るような美しい肌環境のために、ピーリングでお肌をリセットしてみましょう。今回は美肌の大敵のひとつ、古い角質などのくすみ対策に人気のピーリングについて詳しく解説します。

ピーリングってなに?

ピーリングと言うのは、皮膚表面の古い角質を取り除くことでターンオーバーを促し、肌の状態を改善する美容法のこと。自宅でできるものから、クリニックで行うものまでその種類は多岐にわたります。

クリニックで行われているものは、グリコール酸、サリチル酸、乳酸といった薬液を使って角質を剥離する「ケミカルピーリング」や、レーザーの光パワーによって古くなった角質を取り除く「レーザーピーリング」などが一般的で、自分で行う場合よりも安全で効果的なピーリングを受けることができます。

一方、自宅でできるセルフピーリングでは、市販されているピーリング専用の石鹸や化粧品などを使いますが、これらはトラブルに考慮して基本的にマイルドに作られているため、クリニックで行うピーリングに比べると効果も緩やかです。

ピーリングはいつやるべき?

ピーリングをするのなら、朝か夜のどちらが良いのでしょうか?
正解は「夜」です。ピーリングをすると皮膚表面の角質が除去され、肌がむき出しの状態になり外の刺激を受けやすくなってしまいます。そのため、朝にピーリングを行うと肌が敏感な状態で一日を過ごすことになるので、朝はおすすめしません。

また、肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」は、夜眠っている間に行われるため、その前にピーリングを行うのが効果的です。

ピーリングを行う頻度

このように美肌に効果的なピーリングですが、頻繁に行うのは厳禁。人によってはピーリング自体が肌の負担になったり、過度なピーリングが肌トラブルの原因になってしまうこともあるからです。
目安としては、10日に1回程度。自分の肌のコンディションを見ながら行いましょう。

ピーリングを行う際の注意点

市販されているピーリング石鹸やピーリングジェルは、それほど強力なものではないので、比較的安心して使うことができますが、それでも使い方や頻度を誤ると、肌に負担をかけてしまったり、肌トラブルの原因となったりすることも。ピーリングを行う際は、以下のことに気をつけましょう。

使用頻度を意識する

早く効果を出したいからと言って、短期間に何度も行うのは絶対に止めましょう。また、敏感肌の方は、事前に医師に相談してから行う方が安心です。

バスタイム中は使わない

市販されているピーリングジェルや石鹸などには、手が濡れていても使用できる商品があります。しかし、中には入浴中にピーリングを行うのは、あまりおすすめしないという意見もあります。これはピーリングを行ってから、すぐに保湿をすることができないため。ピーリングは入浴後に行うようにしましょう。

手順を守ること

どんなに口コミの良いピーリングジェルを使っても、その手順が間違ってはしっかりとした効果は得られません。使用後の肌荒れや乾燥といったトラブルを避けるためにも、正しい手順を守るようにしましょう。

ピーリングを自宅で行う場合は、使い方や使用頻度をしっかりと守るようにしましょう。また、ニキビやキズなどがあるときは絶対に行わないこと。肌の状態が悪くなることもあるため注意しましょう。

Comments

comments

Category

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP