ユーグレナ・ファームトップページへ 石垣便り    >   2015年12月

ご挨拶

今年ものこり僅かとなりました。
一年間石垣便りをご覧いただきありがとうございました。

来年も皆さまに石垣島の情報をたくさんお届けしてまいります。
楽しみにしていて下さい。

それではよいお年を♪

151228

ファーマー一同

あらっしー

皆様、お久しぶりです。Nativeファーマーのあらっしーです。
今回は「沖縄と言えば・・・」を紹介させていただきます。

1.沖縄と言えば「さんぴん茶」。
あらゆるデザインの「さんぴん茶」が販売されてますが、本州都会では全く見かけません。
実は、さんぴん茶=ジャスミン茶 なのです。(え!?)。この事実を知ってる島人(および本州都会人)は少なく、
都会のコンビニで「さんぴん茶」を探しまくる島人を多々見かけます。
「あげっ!(あら大変)、さんぴん茶ね~らん~ど~(さんぴん茶が無いわね)。ま~にがあるば~(どこに売ってるかしら)」。昔はどこの家庭でもさんぴん茶の木があり、夏の始まりには白い花を咲かせ、とても良い香りを放ってました。葉を摘み、蒸して乾燥、自家製さんぴん茶は最高です。

151212_1

【写真】様々なデザインの「さんぴん茶」、実は「ジャスミン茶」って知ってました?

2.沖縄と言えば「ちゃんぷる~」。
最近では「ちゃんぷる~」も共通語化しております。語源はインドネシア語やマレー語との説があり、「ちゃんぽん」も同じく、「混ぜる」と言う同じ語源だそうです。(え!?)。
さて、まずは「へちま」。石垣島では「な~べら~」と言います。「へちま」は、身体ゴシゴシのタワシでお馴染み、だからなのか、本州都会人が「な~べら~ちゃんぷる~を食べたよ」、って会話は聞いた事がないです。島人にとっての「へちま」、それは「な~べら~の味噌炒めorちゃんぷる~」です。特に若い「な~べら~」は、最高に柔らかく美味しくて、お肌つるつるになります。ヘチマタワシでゴシゴシツルツルよりも、美味しく食してツルツルになりましょね!

151212_2

【写真】売り切れ寸前「石垣島産な~べら~」、残り2本

続いて、「麩(ふ~)」。
「ふ~ちゃんぷる~」は代表的な沖縄家庭料理で、都会との違いはその大きさです。一瞬、「コイのエサ・麩(ふ~)」と思わせるような大きな袋に入ってます。料理の皿に盛り付けされた「ふ~ちゃんぷる~」から、棚に並んでいる「麩(ふ~)」を想像できないと思いますが、ちゃんぷる~料理の中で、最も難しい料理が「ふ~ちゃんぷる~」です。(え!?)。「ふ~ちゃんぷる~」の美味しいお店は、すべての料理が美味しい、と言っても過言ではありません。

151212_3

【写真】とにかくデカイ「沖縄のふ~」。↑↑真ん中は探すのに苦労した「普通のふ」

3.沖縄と言えば「泡盛」。
喜納昌吉さんの歌/ハイサイおじさんの歌詞にも、「昨夜(ゆうび)ぬ三合ビン小(ぐわ)残(ぬく)とんな♪(昨夜の三合ビン残ってる?)」と歌詞に出てくるぐらい、泡盛=3合ビンのイメージが強いです。ところが、3合ビンの泡盛は市販されておりません(え!?)。
石垣島の泡盛は600ml(3.33合)、沖縄本島の泡盛は720ml(きっちり4合)です。石垣島の居酒屋等で泡盛を注文する際、「だあ、3合ビン!」で普通に通じますが、島人が沖縄本島で同じような言い方で注文すると、「当店は4合ビンですが・・・。」と言い返され、「鳩に豆鉄砲」の顔しながら「それでお願いします」と焦って共通語を話してます(島人あるある)。

151212_4

【写真】両サイドは石垣島産泡盛(600ml)、真ん中2本は石垣島以外の泡盛(720ml)

4.沖縄と言えば946ml(クオーターガロン)
946mlと聞いて、とっさに答えが分かる方は「沖縄つう~」です。
実は、沖縄で製造される「1㍑紙パック飲料」は1㍑では無く946mlなのです。(え!?)。
写真の「明治ブルガリア1000ml」は沖縄外で製造、「明治ミルクラブ946ml」と「ネッスルコーヒー946ml」は沖縄県内での製造です。よって、容量が違うのです。この違いは、沖縄がアメリカの統治下にあった時代から続いています。1ガロン=3.784㍑、ハーフガロン=1.892㍑、クオーターガロン=0.946㍑、となってます。つまり、紙パックは、クオーターガロンなんです~。知らないと、若干損した気分になるかも?

151212_5

【写真】両サイド:沖縄明治乳業㈱ 真ん中:㈱明治 どっちがお得?。

5.沖縄に来たら「ゴミはチリ箱へ」。
「ゴミはゴミ箱へ」が正しいでしょう!って思うのが当然でしょうか?
なぜか、沖縄では「ゴミはチリ箱へ」って表現がスタンダードです。(え!?)。
昔はスーパーが無かった為、買い物袋持参が当たり前でした。野菜などはすべて新聞紙でくるみ、持参袋で買って帰る。中身が大事。よって、「ゴミ」なるものがそんなに存在しなかったかも知れません。本州都会では、チリ=ホコリですよね。余談ですが、小学生の頃の担任は「ハンカチとチリ紙忘れないように!」って、よく言ってました。

151212_6

【写真】石垣島に来たら、ゴミはチリ箱に捨てて下さいね。

以上、「沖縄と言えば・・・」をあらっしー目線、個人の観点でまとめさせていただきました。
石垣島に来たときは、ぜひぜひ探し求めて下さいね。

euglena|株式会社ユーグレナ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.