ユーグレナ・ファームトップページへ 石垣便り    >   グルメ

臨時担当版 沖縄そばと八重山そば

初めまして。ファーマーカッシ―です。
普段は東京にいるファーマーなのですが、先日石垣島、竹富島へ出張に行って来たことから思わぬタイミングで白羽の矢が立った次第です。
ちなみにファーマー達が所属する株式会社ユーグレナでは新卒一年目の春に石垣島で一週間研修を行うのですが、私はそれ以来2年半ぶりの石垣島訪問でした。

さて、せっかくの機会ですので、私が体験した八重山諸島の魅力を存分にお伝えしていこうと思います!
気合い入れていきますよ~

まずは石垣島名物八重山そば!!

160901-1

 

続いて竹富島名物えびそば!!

160901-2

完。

・・・・・・違うんです。。実はこの執筆の依頼を頂いたのが東京に帰って来てからでして、、決して手を抜いているわけではなく、カメラ不精の私にとってはこれでも全力を出し切っているのです。。(むしろ二枚あっただけでも奇跡です)
心のフィルムには石垣島や竹富島の素敵な風景や料理が沢山焼き付いているのですけどね。汗

…と、まあ、言い訳はここまでにしておいて、、(これからはもっと思い出を形に残していこうと思いました)
ここで筆を置くのは余りにお粗末なので、苦し紛れに沖縄そばの蘊蓄を傾けようと思います。

実は石垣島はじめ八重山諸島の方々は上記の写真のようなおそばを”沖縄そば”とは言わないのです。
では、なんと呼ぶのか!?

・・・答えは既に記載しておりましたね。そうです、”八重山そば”と呼ぶのです。
それぞれの違いを少しまとめてみました。

■沖縄そば
・地域:沖縄本島全般
・味:豚骨と鰹節が使われていてあっさり味
・麺の特徴:太めで少しねじれている
・トッピング:カマボコ、三枚肉、ソーキ、紅ショウガ、ネギなどなど。

■八重山そば
・地域:離党も含めた八重山地域
・味:基本的には沖縄そばと同じだが、ほんのり甘みがある
・麺の特徴:細麺で断面が丸く縮れていない
・トッピング:八重山かまぼこ、ソーキ、細切りの三枚肉。また好みによってヒパーチ(島胡椒)を使う。

その他沖縄では、与那国そば、宮古そば、大東そばなど地域ブランドを上手に活用した様々な麺類が存在しているようですが、実は広義ではどれも沖縄そばなんだとか。
但し、石垣島で八重山そばのことを沖縄そばと言おうもんならすかさず鋭い突っ込みが襲い掛かってくるのでご注意ください。※筆者は体験済み

以上、今回は素材が少なすぎて文字多めなお便りになってしまいましたが、、
もしもまた第二弾がある時はもっとビジュアル重視な投稿にしたいと思います。
次回のファーマーはどうやら満を持して自信作を投入すると意気込んでいるようなので、
ぜひぜひお楽しみに~

あらっしーです

Nativeファーマーのあらっしーです。初登場です。イエ~イ、パフパフ!

さて、沖縄・石垣島には「八重山そば」をはじめ、島ならではの美味しい食べ物がたくさんあります。
そんな中、忘れかけられている「島人(しまんちゅ)」のソウルフードを紹介したいと思います。今回は朝食編です。

1 「HOLIDAY MARGARINE (ホリデー マーガリン)」。

140209_1

朝食のテーブルに置かれるバター(=マーガリン)です。つい最近まで、私はこれをバターだと思っていました。
ほとんどの島人は、バターとマーガリンの区別がつかず、バター焼きなる家庭料理は、だいたいがマーガリン焼きです。
スーパーで「バター下さい」って言うと、まず「ホリデー マーガリン」を紹介されます。

2 「EGGO(エゴー)」

140209_2

島人のマヨネーズは、エゴーです。「ホリデー マーガリン」と同じく、どこの家庭の冷蔵庫にも常備されていました。
でも、これはマヨネーズではなく、サラダドレッシングです。サンドイッチやサラダとの相性は抜群です。
最近はめっきり見かけなくなりました。

3 「TULIP  Pork Luncheon Meat(チューリップ ポークランチョンミート)」

140209_3

沖縄県民フードNO1のポーク。最近ではSPAMが有名ですが、我々の小さい頃は、チューリップのポーク、
しかも3匹の豚ちゃんが、ラインダスを踊ってる絵がデザインされた缶でした。懐かし~ですが、全く見かけませんね。

4 「Taster’s Choice(テスターズ チョイス)」

140209_4

赤ラベルと緑ラベルがあります。朝食のコーヒーやお客さんに出すコーヒーは、
これ、「テスターズ チョイス 赤ラベル」と決まっていました。
弱点は、使い切る前にコーヒーが湿気でドロドロ、ビンの底に固まってしまいます。
勿体無いからと言って、直接ビンにお湯を注いで割った経験者こそ、真の島人です・・・何でやねん!

5 「Nestle Eagle(ワシミルク)」

140209_5

この商品名は、「イーグル」です。しかし、島人は「ワシミルク」と呼びます。
「イーグル」と書かれているにもかかわらず、「ワシミルク」です。コーヒーに入れる人もいますが、
どっちかと言うと、「ぜんざい」や「かき氷」にかけます。「ぜんざい」にかけると、
あ~ら不思議「ミルク金時」に早変わり。価格も100円アップなので、
お金持ちにしか注文できない高級品でした。スーパーでは、イーグルでは通じませんので・・・。

島人のソウルフード5商品、朝食編をを紹介させていただきました。
石垣に来た際は、ぜひぜひ探し求めてくださいね。

冬の島バナナ頂きました!

こんにちは、ファーマーあだちです。

石垣も11月に入り少し寒くなってきておりますが、日中はまだ半袖でも過ごせるような気温です。
先日、地元の方から庭で収穫された島バナナを頂きました。

141128

バナナといえば夏の果物とばかり思っていたのですが、
石垣では11月になってもまだ実がなり続けているそうです。

ネットで調べてみると、どうも収穫時期は5-10月までとあるのですが、
なぜ今の時期も収穫できるのかは謎です。少し小ぶりでしたが、
味や甘さは旬に収穫されたものと大差なく、美味しく頂きました!

さしみ&てんぷら

こんにちは。ファーマーpapaです。

石垣に来てもう2年近くになりますが、
「さしみ てんぷら」という看板を掲げた個人商店の数が異常に多いことに気づきます。

140822_1

「さしみ」も「てんぷら」もわかりますが、
飲食店さんでもないのにセットにしてPRするのは珍しいなと思いまして、入ってみました。

一見すると、お魚屋さんの雰囲気です。

140822_2

まず、おさしみです。

お魚屋さんのように、ショーケースの中にお刺身があります。
たくさん種類があるわけじゃないですが、その日にとれたお魚を捌いてそのまま出す感じのようです。

安い!マグロの刺身が300円でこのボリューム。そして、新鮮。

140822_3

次に、てんぷら。

揚げて置いてあるのもありますが、誰も手を付けません。
おばちゃんがその場で揚げてくれるからです。

「〇〇円分お願いします!」というと、その通りにその場で揚げてくれます。
前の人たちを見ていると、200円分と300円分の差があまりなかったりしたので、
200円分がお得な気がします(裏ワザ?)。

140822_4

揚げたてはアツアツで、衣がふんわりこんもりして、
なんかフリッターみたいな感じでめちゃめちゃ美味しいです。ナニコレ新触感です。

「魚とイカのミックスで」という注文もできるので、
魚のてんぷらだけだと飽きるなと思ったらイカ天(イカフリッター)も楽しめるナイスなシステム。

いずれもリーズナブルなのは、親戚や家族で漁師をやっている人がいて、提携しているからなんだそうです。
地元の人に聞くと、おやつ代わりにこの天ぷらを食べて、コーラで流し込むそうです。
天ぷらがおやつって。。。

美味しいですし、沖縄本島にはないらしいので、ぜひご賞味ください。
けっこうお腹いっぱいになりますよ♪

アカジンミーバイ料理

こんにちは。ファーマーあだちです。

先日は沖縄3大高級魚であるアカジンミーバイ(スジアラ)のセミナーに参加してきました。スジアラの養殖は非常に難しいと言われていましたが、石垣の西海区水産研究所さんが長年の研究によりその生産技術を確立しました。今回は、養殖されたスジアラの試食もさせて頂きました。

131128

スジアラの身は火を通すとふっくら、刺し身などはもちもちとした食感で、脂ものっておりとても美味でした。このスジアラがいつか石垣名物になって、多くの方が口にできるようになってほしいですね。

euglena|株式会社ユーグレナ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.