ユーグレナ・ファームトップページへ 石垣便り    >   石垣島の豊かな環境

サンゴと台風

こんにちは!ファーマーまつおかです。
何をお伝えしようかいつも迷いますが、ファーマーでありダイバーでもある私からはやっぱり海のお話をお届けしようと思います。

1

沖縄といえば、サンゴ礁の美しい海。これを求めて石垣にいらっしゃる方も多いですね。でも、そんな方々を夏から秋にかけて悩ませるのが、突如現れる台風。「せっかく楽しみにしていたのに」と思われるのも仕方ないのですが、この海には台風も必要であることをご存知でしょうか?

2

サンゴは石や植物と思われがちですが、実は動物。褐虫藻という藻類と共生することで、あたかも植物のようにふるまっています。サンゴはチョウチョウウオの仲間などにとって主要な食糧であり、サンゴの森は多くの生き物にとって恰好の住処、隠れ家、そして産卵・子育て場所。サンゴもとい褐虫藻に命を委ねて生きている生き物は、想像以上に多いかもしれません。
写真はサンゴを食べるフエヤッコダイと、サンゴに隠れているタコです。

3

4

今年の石垣は台風が異例の少なさで、特に初夏は台風が全く来ませんでした。建物や人々が被害を受けなかったのは幸いではあったものの、9月ごろまで海水温はかなり高い状態が続き、シュノーケリングをしても温泉?と感じるほど。高水温が長期間続くと、サンゴは褐虫藻を失って白化し、回復が遅れれば死に至ります。今年は石西礁湖をはじめ、石垣周辺で大規模なサンゴの白化現象が確認されています。

5

私が9月半ばに潜ったとき、造礁サンゴ(石のようなサンゴ)だけでなく、ソフトコーラル(イソギンチャク類)までが真っ白でした。こんなに大規模な白化は見たことがなく、悲劇的な美しさに心が痛みました。

6

遠浅の海を望むと、遠くに波が砕けて白い縁取りをみせています。サンゴ礁が天然の防波堤となって人々を荒波から守り、穏やかなイノー(礁湖)は昔から安全な漁場・遊び場となってきました。

7

その後来た台風で水温が下がり、サンゴがまた元気になりますように。
台風を含め自然界の摂理の巧みさと和を保つことの大切さをしみじみ感じる、今日この頃です。

ヤドカリさん

こんにちは。
ファーマーあだちです。

11月に入り石垣も朝晩は涼しく、だいぶ過ごしやすい気候になってきました。

10月下旬頃から、道端をサザエの殻がひょこひょこと横断している姿をよく見かけます。
拾い上げてみると、中には

ヤドカリさん

大きなヤドカリが・・・。研究所の玄関に迷い込んでいた個体を撮影したのですが、私も初めて見かけたときは、あまりの大きさにびっくりしてしまいました。

このヤドカリは「オカヤドカリ」という陸生のヤドカリで、色も鮮やかな赤色をしておりました。オカヤドカリは絶滅危惧種の個体も多いですが、石垣では複数種のオカヤドカリを目にすることができます。今回写真を撮影した個体はサキシマヤドカリ?かもしれません。このヤドカリも数が少なくなってきているようですので、道路などで見かけたときは踏まないように気を付けてあげて頂ければと思います。

八重山古典民謡の世界

こんにちは。
ファーマーpapaです。お久しぶりです。

石垣島は、まだまだ半袖で過ごせる温暖な気温が続いていますが、一般的には、秋が到来していることと思います。季節の変わり目、体調を崩したりしていないでしょうか?

さて、今回は「芸術の秋」ということで、たまには文化的な話をしたいと思います。

石垣島を含む八重山地方には、沖縄民謡とは少し趣の異なる独特の民謡(八重山古典民謡)が伝承されています。

八重山古典民謡の重鎮で、沖縄県指定無形文化財保持者でもある宮良長久先生の写真コレクション展に行ってきましたので(2016年10月14日~16日、石垣市民会館展示ホールにて開催)、その様子をご紹介できればと思います。

昔の石垣島の風土を写し出した貴重な写真がたくさん展示されていました(許可を得て撮影)。

image001

また、長久先生が作成された木製家具、調度品なども飾られていました。

image003

八重山からは、ビギン、夏川りみ、きいやま商店など、個性的なミュージシャンが多く輩出されていますが、少なからず八重山古典民謡の影響を受けているようです。

沖縄民謡との違いは、メロディや歌詞が八重山民謡の場合は、もの悲しいような、切ないような、そんなニュアンスの曲が多い傾向にあるようです。

たまには、「つぃんだら節」を聞きながら、秋の夜長を過ごしてみてはいかがでしょうか。

島人のベランダeco生活

こんにちは。島人ファーマー、大川です。
夏休みに入り、島の子供達は見事なまでに真っ黒に日焼けしております。
暑いのが当たり前の南国の夏ですが、島にはその暑さをしのぐ色々な生活の知恵があります。
沖縄の民家の二階にある一見無駄にも見える大きなベランダもそのひとつ、
南へ大きく屋根を伸ばして影を作ることで、涼しい風を室内に取り込むことができるのです。
島は都会と違って海風が吹き抜けるので、真夏でも木陰に入れば意外と快適なんですよ!

そして、この暑過ぎる夏にはベランダが子供達の天国になります。
ままごとをしたり、水遊びをしたり、サマーベットで昼寝したり。
我が家では100均でチョークを購入して、ベランダで好き勝手な落書きをさせております。

160805-1

 

床一面に大きな絵を描く、広いベランダだからできる豪快な遊びです。

160805-2

 

チョークは白の他に、赤、黄色、青のチョークも数本ずつ入っていて、チョークを砕いて粉にして混ぜたりと子供なりの発想で色を掛け合わせ、色の三原色を遊びながら学ぶこともできちゃいます。小学校に入ってからは、漢字を「大きく書いて体で覚える!」というオリジナル勉強法も編み出し、ベランダ×チョークの活用法は子供の成長とともに変化して行くのです。もちろん、夏休みの工作もベランダで。台風対策用のろうそくを作りました!(笑)

160805-3

 

ベランダを愛するのは、なにも子供だけじゃありません。
日本の南西に位置する石垣島では、日の出と日の入りが東京と比べると1時間ほど遅く、夏場の日の入りは午後7時半頃。夕方仕事を終えて帰宅したら、とりあえずベランダで青空を眺めながら一杯。子供と絵を通して色々な話をしたり、一緒になって描いてみたり、月夜にはワイン片手に月光浴という優雅なこともできちゃいます。(実物はそんな優雅なものではないのですが・笑)

160805-4

 

160805-5

 

真夏でも寝るとき以外はエアコンを必要としない我が家のベランダeco生活。吹き抜ける風から雨の匂いを感じたり、遠くの嵐の気配を感じたり。自然を身近に感じながら過ごせるのは田舎ならでは。こうして空を知り、風を知り子供も立派な島人として育って行くのでしょう。

台風ニモ負けズ

こんにちは。ファーマーうせです。

内地では梅雨明けはまだまだこれからですが、石垣はもうすっかり真夏です。
先週は屋外で培養を行う我々としては悩みの種である台風がついに発生し、今年もこの季節がやってきたなあといったところです。
先日の台風1号は猛烈な勢力の台風でしたが、逸れてくれたので幸い石垣には大きな被害はなかったようです。

今回は石垣島の観光名所のひとつである御神崎(オガンザキまたはウガンザキ)をご紹介いたします。
ウガンとは方言で神の尊称で、「群星御嶽願い口(ンニブシウタキニガイフチ)」(御嶽=琉球の信仰における聖域、願い口=神への願いを詞にしたもの)で神が降りてくる聖地として謡われた場所が御神崎です。

御神崎は石垣の北西にある崎枝地区に位置しており、美しい夕日が見られる石垣最西端の岬です。
また、沖合ではオニイトマキエイというマンタが見られるということで有名なダイビングスポットでもあるそうです。
写真ではうっすらと確認できますが、最西端ということもあり天気の良い日には西表島をはじめとした離島もきれいに見えるそうです。

160715-1

 

御神崎には白い灯台があり、4月~5月には周辺のテッポウユリが咲き乱れるそうです。
辺のテッポウユリが咲き乱れるそうです。

160715-2

 

灯台からは岬まで道が続いており、進んでいくと切り立った崖からの絶景が堪能できます。

160715-3

160715-4

 

岬の岩場にはちょこんと乗っている岩があるのですが「姉の頭石(ブナリィツブリィイシ)」というこの土地の民話に登場する岩です。

160715-5

 

160715-6

 

言い伝えでは「信仰深い姉に叱られた乱暴者の弟がナタで姉の頭を切り落とすと、姉の頭が弟を噛み殺し、そのまま御神崎の岩場に飛んで行って岩になった」といわれています。
この岩は激しい台風がきても落ちないことからそんな言い伝えができたのかもしれませんね。

また、1952年には季節風による八重山丸の海難事故があったそうで、その慰霊碑も御神崎に建っています。
岬という場所と台風の後という時期が相まってかなり強い風が吹いており、道の端を歩くのは少しヒヤリとして自然の厳しさを体感しました。

160715-7

 

強大な自然の前には私たちができることは少ないかもしれませんが、我々も姉の頭石のように台風に負けずにユーグレナたちを育てていきたいと思います。

euglena|株式会社ユーグレナ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.