ユーグレナ・ファームトップページへ 石垣便り    >   サンゴと台風

サンゴと台風

こんにちは!ファーマーまつおかです。
何をお伝えしようかいつも迷いますが、ファーマーでありダイバーでもある私からはやっぱり海のお話をお届けしようと思います。

1

沖縄といえば、サンゴ礁の美しい海。これを求めて石垣にいらっしゃる方も多いですね。でも、そんな方々を夏から秋にかけて悩ませるのが、突如現れる台風。「せっかく楽しみにしていたのに」と思われるのも仕方ないのですが、この海には台風も必要であることをご存知でしょうか?

2

サンゴは石や植物と思われがちですが、実は動物。褐虫藻という藻類と共生することで、あたかも植物のようにふるまっています。サンゴはチョウチョウウオの仲間などにとって主要な食糧であり、サンゴの森は多くの生き物にとって恰好の住処、隠れ家、そして産卵・子育て場所。サンゴもとい褐虫藻に命を委ねて生きている生き物は、想像以上に多いかもしれません。
写真はサンゴを食べるフエヤッコダイと、サンゴに隠れているタコです。

3

4

今年の石垣は台風が異例の少なさで、特に初夏は台風が全く来ませんでした。建物や人々が被害を受けなかったのは幸いではあったものの、9月ごろまで海水温はかなり高い状態が続き、シュノーケリングをしても温泉?と感じるほど。高水温が長期間続くと、サンゴは褐虫藻を失って白化し、回復が遅れれば死に至ります。今年は石西礁湖をはじめ、石垣周辺で大規模なサンゴの白化現象が確認されています。

5

私が9月半ばに潜ったとき、造礁サンゴ(石のようなサンゴ)だけでなく、ソフトコーラル(イソギンチャク類)までが真っ白でした。こんなに大規模な白化は見たことがなく、悲劇的な美しさに心が痛みました。

6

遠浅の海を望むと、遠くに波が砕けて白い縁取りをみせています。サンゴ礁が天然の防波堤となって人々を荒波から守り、穏やかなイノー(礁湖)は昔から安全な漁場・遊び場となってきました。

7

その後来た台風で水温が下がり、サンゴがまた元気になりますように。
台風を含め自然界の摂理の巧みさと和を保つことの大切さをしみじみ感じる、今日この頃です。

euglena|株式会社ユーグレナ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

Copyright © Since 2012 euglena Co.,Ltd. All Rights Reserved.